ふろしきの本、新刊のご案内 

贈り物を紙で包むたびに失敗していました。けれど、ふろしきは布でできているので、何度でもやり直すことができます。包み結んではほどき、また包み…。自分で包んで贈ることが楽しめるようになりました。前著『ふろしきに親しむ』の姉妹版、『ふろしきの贈り物』が和の包みの楽しさの新提案となることを祈って。(2004年6月 森田知都子)

■淡交社「ふろしきの贈り物」
贈り物。それは小さな物語。
時には、ときめくような・・・。時には、ほのぼのとした・・・。
贈る人と贈られる人との間に温もりが行き交って
忘れられない想い出になれば
どんなにか素敵なことでしょう。
ふろしきは、日本という風土が育んだくらしの布。
優しく奥深く、粋で軽やかで扱いやすいふろしき。
伝えたい気持ちをかたちにしてくれます。
ありがとう、おめでとう、よろしく、おすこやかに…。
ふろしきの豊かな表現力を活かして
気持ちのままに自分だけのシナリオを綴りましょう。
四季折々、めぐりくる贈り物の場面を彩りましょう。
未完成でいい、物と布と指先で楽しみながら包むと
贈り物はしあわせ色に染まります。
ふろしきごと相手の方に手渡せば
きっと、ほほえみがこぼれる結末が運ばれてきますよ。
(著者 「はじめに」より)

森田 知都子によるふろしきの本、ご案内

包む楽しさ、贈るしあわせ「ふろしきの贈り物」淡交社
 B-5判 1400円 96頁 2004年6月13日発売(消費税 70円)1470円
 ギフトをふろしきで包み、結ぶ。この単純な作業によって、一枚の布が変幻自在にどんな形の中味にもフィットし、驚くほど豊かな表現力を見せる。ふろしきの柄や素材感も生かして、包む中味の形や季節、場面に合わせたラッピング方法60種類を、カラー写真と図解で紹介。英訳も付けた。
 包みを解いた後も、贈った人の気持ちが残るふろしきラッピング。単なる包装としての美しさだけでなく、繰り返し使える包装材を使うことで、環境保護への無言の意思表示にもなる、と著者はメッセージを送る。
(新聞書評より抜粋)

 春 花と蝶

 夏 ミセス・パイナップル

 母の日 マイカーネーショ

 父の日 パパだけのネクタイ メリークリスマス ポインセチアきらり

ふろしきで包む楽しさ
ふろしきで贈るしあわせ

ふろしきが贈り物の場面を輝かせる…。

 贈り物をふろしきに包み、そのまま手渡す・・。こんな風に贈るようになったのは、いつの頃からでしょうか。
 姪の入学祝いに辞書を包む、パーティーの手土産にワインを包んで持参する、産地から送られてきたばかりのりんごを包んで、隣人にお裾分け・・・。ひとつひとつが温もりの記憶です。心に積もっています。
 もちろん、ご挨拶にお伺いするときなどは、今まで通りの慣習に従います。包んだ菓子折などは玄関先でほどいて中の品物だけを差し上げています。けれど、改まったとき以外は、ふろしきごと手渡します。笑顔を浮かべながら受け取ってもらえたり、ふろしきの話題で持ちきりになったり、ふろしきに包むと思いのほか、贈る場面が輝くようです。おめでとうやありがとう、伝えたい気持ちがまっすぐ届くように感じます。

「個」と「個」の間柄を紡ぐ、包み。

 なぜ、ふろしきに包むと、贈り物が輝くのでしょうか。
いま、物あまりの時代であることが理由のひとつかもしれません。物が豊かすぎるほどあふれている現代、品物に思いを託すこと、相手の方によろこんでいただける品物を選ぶことが、容易ではなくなってきているように感じます。
 さらに、贈り物をとりまく生活習慣の変化も背景にあるのではとも見ています。「贈答」といわれる言葉にあるように、今まで、贈り物といえば「家」と「家」との間を行き交うものが中心でした。現代では、贈り物は「個人」から「個人」へと気持ちをかたちにする表現手段であり、人間関係を紡ぐためのコミュニケーション手段となってきているように見受けます。贈り物という行為がかなり日常化しているとも感じます。だからこそ包むことを大切にしたい。包むことに気持ちを込めたい。
 これまで折角いただいておきながら生活習慣になじまずに、バザーに出してしまった品物も少なくありません。品物は、いただいても困らない物、どこにでもある物にして、包みにひと工夫する方が、よろこばれる。そう気づいてから、ふろしきで包んで贈るのが習慣となりました。
 「個」の存在、「個」と「個」の係わりが重視される中で、素敵に包むことは、魅力的な人間としてのひとつの技能。そう位置づけられる時代が来ているのかもしれません。

きれいな包みより、温もりある包みを。

 以前、こんなことがありました。「ふろしきできれいに包んで」と、私の前にワイン1本を差し出されたことがありました。お世話になった人にプレゼントしたいから、とのことでした。「きれいに包むのは簡単だけど」と、私は下手でもいいからご自分で包むようにお勧めしました。もちろん、包み方は手ほどきしましたが。
 どんなに完成度の高い包みも、その人の心が込もった包みにはかないません。少々、結び目がゆがんでいようと、雑な感じがしても。贈り物の基本は、相手の方を思う気持ち。自分の手で包んでこそ輝くのです。その人らしい温もりが相手の方の心を揺さぶるのです。幸い、ふろしきは扱いやすく、不慣れであってもそれなりにかたちが仕上がります。

シンプルが美しい。行きすぎは避けたい。
 
過剰包装にならない。これは、ふろしきで包み、ふろしきごと手渡す理由のひとつ。現代では、何かを贈ろうとすれば、どうしても着ぶくれ状態になります。物を保護する役割もあるのでしょうが、行きすぎるのも問題です。
 例えば、菓子箱が贈られてきたとしましょう。まず外側の包装紙をはずします。その下の箱にはのし紙が掛けられた箱。箱の中には包装材に包まれた菓子。さらに菓子は一個一個ていねいに包まれています。一個空けると、底に乾燥剤が入れられ、その上に菓子が…。この程度ではなく、もっと厚着をしていることも少なくありません。 
 1997年容器包装リサイクル法が制定され、現在ではかなり多くの市町村がプラスチックや紙の容器包装材のリサイクルに取り組み、資源活用しています。それまではごみとして排出していたこれらの包装材ですが、資源活用が始まり、市民にとっては分別という手間が増えることになりました。プラスチックや紙を分別する、資源以外のものはごみに出す・・。これは、かなり面倒です。手間も暇もかかります。分別の手間もごみも最小限にするのが、相手の方への気配りとなるのは言うまでもありません。過剰包装は、贈り物をする上で相手の方への礼を損なうものだと思います。シンプルな包装材として、ふろしきを活用してほしいものです。

ふろしきなら、環境に配慮した贈り物に。

 ふろしきはごみになりません。使い捨てることなく何回でも使えます。これもふろしきの贈り物への活用を呼びかける大きな理由です。
 1970年代から90年代前半まで、大量生産、大量消費、大量廃棄というシステムの下に社会が動いてきました。価値観やライフスタイルの礎となってきました。ところが資源の浪費や生態系への影響が明らかになり、これでは地球が持たないと、時代の流れは勢いよく曲がります。21世紀に入り、循環型社会というシステムへの変換が進んでゆくのです。資源もエネルギーもできるだけ最小限に使用し、再使用、再活用しようというのが循環型社会の考えです。
 大量消費、大量廃棄の生活習慣にどっぷりと浸かっていた私ですが、ふろしきを生活に取り入れるようになってから、生活を見直すようになりました。ふろしきをくり返し使う間に、無駄なもの、不用なものが見えてくるようになったのです。当たり前のように包まれた贈り物には、なんと無駄が多いことでしょう。
 ふろしきは地球環境への負担を与えない包装材、包んで届けると、環境に配慮したライフスタイルを提案できるのです。相手の方にもくり返し使っていただけることになるかもしれないのです。

ただの平面の布に、息づく大切なもの。

 日本の伝統が息づくふろしき。その布を目にしたとき、誰もが懐かしさに包まれるのではないでしょうか。いつかどこかで見たという想い、誰かに抱きしめられるような感覚。日本という風土に育くまれたその色、その模様に普段忘れがちな五感が呼び覚まされるのではないでしょうか。
 欧米を中心に、いろいろな国の文化を受け入れてきた日本、近代化という名の下に伝統を喪失してきた日本。本来の日本の姿を見失いがちな現代にあって、ふろしきという布の存在がかけがえのないものに思われます。一枚の布が大切なもの、失ってはならないものを教えてくれるのです。理論ではなく感覚で。
 人から人へ、今に使い継がれてきたふろしき。知恵の結晶でもあるのです。包みかたを習えば、ただただ脱帽です。ただの平面の布であるふろしきが知恵やひらめきによって、創意工夫が加えられ、多才な機能を発揮するのですから。
 私も新しい包み方を考案したりしていますが、そのひらめきは、先人たちの知恵からいただいたものがほとんどです。
 贈ると、差し上げた方から「どうやって包んであるの?」と、不思議そうにたずねられますが、新しいアイディアなどあるはずもなく、種は「温故知新」なのです。

 フルーツを包む うさぎ包み  バレンタインデー ハートのままに

ふろしきで包んで、未来に贈り物を届けたい。

 ふろしきで包むことは、未来へのメッセージ。そんなことを思います。次代を担う子どもたちはふろしきを知りません。言葉としては耳にしていても、触れたことがない、使ったことがない子どもたちが大勢います。ふろしきを持たない家もあるようです。ところが、ふろしきに出会うと、誰もが興味をふくらませます。笑顔を浮かべ、包み結ぶ表情のまぶしいこと。
 1980年代以降、ふろしきは影を潜めていました。ふろしきは、日本という風土が育んだくらしの布。長い年月を生き抜いてきたふろしきが、消え去るとしたら・・・。ここには根の深い問題が横たわっています。小さくとも廃れないよう声を響かせたい。現代から次代へ、使い継いでゆきたいと思います。
 贈り物をふろしきで包み、そのまま差し上げるという、今までになかった生活習慣を根づかせること。そうすることで、ふろしきを未来への贈り物にしたい。そんな願いを込めて、包み続けてゆきたい。