日本の文様「風呂敷にみる模様」2001年3月3日(法然院にて)

 
ふろしきトークの会場受け付けには早くから来場者がつめかけた。

 第36回「ふろしきトーク」講演
 (法然院)2001年3月3日
私たちの暮らしの身近にある文様には意味があった。植物、動物、器物などを源にした意匠に秘められたものはなんだったのか、神秘とさえいえる文様のお話。発見いっぱいのひとときでした。

お話:藤井 健三氏(ふじいけんぞう)
京都市染織試験場研究担当課長
 

■講演の前に法然院ご住職、梶田真章様よりご挨拶をいただきました。
 「こんにちは。ようこそ法然院へ。ふろしき研究会ともお長い付き合いになりました。風呂敷は、江戸時代、風呂の脱衣場で敷いて着替えたことから名付けられたものですが、風呂は、仏教とともに日本に入ってきたというのが定説で、それまでは行水はあっても暖かいもので体を浄めることはなかったのです。初めは蒸し風呂が主流で江戸中期以降に温かい湯の中に体を浸すという形になってきました。湯に体を浸すと、次第に湯と自分が一体化してくるように感じられます。
 仏教思想というのは、私とあなたが別々ではなく、私がすべて周りの命によって存在させられているというとらえかたをするもので、お湯の風呂になったことで、外側と私たちとが一つのものであることが、実感できるようになった、仏教の考え方が日本人に馴染んだとも言われております。
 ふろしき研究会とは良きご縁が続いているわけですが、法然院と研究会とは別個なのか一体なのかわからなくなってきているようで、繋がっている感じがしています。どうぞ、ごゆっくりと。」
 

使う楽しさがある文様は
人のお守りとして生まれた

 日本の文様の、その成立や経緯などは多種多様だといえます。今日はその文様の中から風呂敷に使われている唐草や松竹梅、鶴亀などの文様について、その意義深さをお話させていただきます。
 風呂敷にはいろいろな文様が描かれています。もし、文様が描かれてなかったらどれほど味気ないものでしょうか。風呂敷を使用しながら皆さんも何時も文様を楽しんでおられることでしょう。そのせいか、無地の風呂敷は少ないように見受けます。
 さて、今日は古い風呂敷を持ってきましたが、昔の風呂敷には特徴ある模様が見られます。そもそも風呂敷は湯屋で各自の敷物として、また足拭きに用いたり、着ていた衣服を包んでおく裂地でした。それが、ある頃から湯屋へ浴衣を包んで持って行ったり、また衣服を包んで持ち帰る運搬用の包み裂としての機能が主体となり、風呂敷が物を包んで運搬する包み裂の代名詞となっていったのです。風呂敷の文様も最初は目印のために、また間違わないように定紋や簡単な模様をつけていた程度でした。
 風呂敷が包み裂として一般に広く用いられだすと、次第に自由な文様が施されるようになります。風呂敷が包むだけの用ならば模様は必要ないといえますが、なぜその様に模様が付けられることになったのでしょうか。それには立派な理由がありました。現代では、誰でも好きな模様や色の着物を身に着けることができますが、昔は着物の文様や色には大変重要な意味がありました。そして、それは自分達を表したり身を守るために必要なものだったのです。
 平安時代では衣服の色が、その人の身分を表していて、その衣服の制度は五行思想の色に基づいて行われていましたし、また文様が個人を見極める標識として用いられていました。最初から衣服に模様や色が当然に在ったというのではなく、模様は自分たちを表示したり、身を守るために必要なものとして付けられだしたというわけです。

文様の多くが吉祥文様
蓮や菊も縁起の良い柄

 そうした身を守る文様と色が、さらに神様や仏様に対する奉仕や供物という考えで華やかに表されるようになっていきます。それは服飾の歴史から見れば、日常は晴着を着けない下衣のみの略装が行われ、その下衣の文様が次第に表衣の文様として現れ、またその下衣の文様が次の時代に表衣に現れてくるという経緯を辿っています。子供の頃、お守りを肌着と上着の間に挟んでいたように、身の近くに文様を付けてお守りとしての役目があったのです。現在の着物の文様の多くも明治時代の襦袢に見る文様が存外にありますし、そもそも友禅染も桃山時代以前では下衣や奉納芸の衣装に施されていた染加工なのです。
 この様に文様は、外からの人に対して目印や威圧を与える標(しるし)でもあれば、神へ願いを込めて奉仕と供物を描いてお守りにするという意味がありました。例えば、蓬莱山という神様が住む世界の事物を表してお守りとしましたし、これらの模様をめでたいものとして祝い、幸いを呼ぶ吉祥文様として表しました。そういう意味ではほとんどの文様が吉祥文様だと言えます。
 近年は、蓮の花は仏事に用いられるため、人が亡くなることに結びつけて、蓮の花を着物に描くことはありません。また、菊の花もお葬式で良く飾られることから嫌われて、最近では着物に描かれることが少なくなっています。でも実は、蓮も菊も非常におめでたい文様で、蓮は泥の中から美しい花が咲き、夜に閉じて昼に咲くことから、再生を意味する吉祥文様ですし、菊も仙境に咲いてその葉の露を口に含んで長生きが叶うといいます。菊の黄色もその長寿を表しましたが、今では菊の黄色は不吉な色彩として、そして蓮や菊の花も不吉な花と思っておられる方が増えました。しかしルーツを遡れば、その実は吉祥を表していることが多いといえます。

唐草は延命長寿を意味し
蝶は蘇生し、天に昇る吉祥文様

 これは唐草文様の大風呂敷です。笑い話ですが、現在では唐草模様は泥棒用の風呂敷と思われていますし、ほとんど使われなくなってきている文様です。三十年程前までは唐草の風呂敷が一般に使われていましたし、これは亀甲や七宝、青海波などの小紋柄と同じように、文様が途切れずに延々と永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様なのです。唐草は世界的に歴史のある文様で、私達が美しくみせるためだけに作った文様ではありません。
 もう一つの風呂敷には蝶が描かれ、斜めの対角線で文様と色が染分けられています。蝶は一度死んで蛹(さなぎ)となって再び蘇生する意味と、天に昇るという意味合いから吉祥を表しています。この風呂敷の蝶文様は家紋なのかもしれませんが、家紋にも吉祥文を使うことが非常に多いといえます。
 この対角線の染め分けは稲妻取りという構図で、古い風呂敷は松竹梅文様をうまく使って稲妻取りを表現していることが多いです。こうした対角線の稲妻取りで文様と色を二分する描法を片身替りといい、桃山時代の衣装や蒔絵に流行しました。
 鎌倉時代頃から、衣服は正式な時には一番上に打掛という衣装を覆い、打掛は外出時や目上の人と接したり、儀礼に臨場する時に着用しましたが、普段では用いずに下衣のままの生活が一般でした。打掛の下の下衣は打掛を着た時に、外から見える肩と裾部分のみに文様が施されることが多く、つまり肩裾といわれる模様付けがされて、見えないところには文様がないというわけです。
 

自分の分身である風呂敷にも
護符となる吉祥文様を付けた

 この肩裾という着物が戦国から桃山時代にかけて流行します。そして、この肩裾模様の衣装は肩と裾で上下に、また背中で左右に分けて、その片方に天上のめでたい世界を表し、また片方に現世のめでたい事物を表して飾るのを常識としていたのです。その衣服の左右で文様の主題を変えて表す手法が転じて、片身替りといわれる衣服全体を背で右左に分けて文様を施す意匠が現れ、衣服や調度に流行して用いられていきます。
 片身替りの片方には仙境の情景や、天界に咲くといわれる松、竹、梅・橘・南天・藤・桐などの吉祥の樹木や花が描かれ、もう片方には地上の四季を彩る桜や楓、菫、柳などの花々を飾りました。美しい天上世界を寿いで、また愛しい現世を称え、この両極を対峙して並べて、至上の幸いとする考えが片身替りの意匠の中に世界観としてありました。
 そういった大事な自分達を守ってくれる衣服の模様、それと同じようにその衣服を包んだり、身を拭うための裂地、そして大事な祝儀や贈り物を包む風呂敷に、同じ思いを込めて模様が施されたのです。ただ包むだけの用の時は模様のないものや、家紋だけのものが用いられていました。
 祝儀などの場合の風呂敷は、とくに吉祥文様を使いましたし、やがて使うだけでなく使うことの楽しみから風呂敷に文様があることが日常化していきます。昔は、現代みたいに病気をしたら直ぐに治療できた時代でなく、生命に対する不安が常に隣合せにありました。文様はお守りとしての役目を担って、何時も人々の近くにあって心情を支えたのです。今は、不安もなく幸せな世の中ですから、文様の有り様も変化してきています。不安から身を守り、健康や延命を願うための文様ではなく、自分達が如何に楽しむかという文様になってきています。物にも衣類にも、各自の好きな柄や色の文様を拘りなく選ぶことができます。
 再度、風呂敷になぜ文様が付けられたのかを問えば、それは大事な物を包み、また分身である衣服を収納するのに、衣服や物と同じ文様をつけて護符としての意義を見い出だして、吉祥文様が付けられたと理解できます。唐草や松竹梅、鶴亀のめでたい文様がその典型です。他にも吉祥文様は洒落や語呂合わせで語られるものもあり、ことに中国清時代の吉祥文様は語呂合わせによる例も多く、また昔の故事などいろいろあります。

法隆寺に残される唐草は、
ギリシャ・ローマからの伝来

 風呂敷の文様について、先ず唐草文様の偉大さから説明しましょう。紀元前五千年のエジプトではパピルスやロータス(蓮の花)などの再生を意味した文様を並べて、連続文様が描かれるようになります。これが私たちが知っている唐草文様の最初です。またギリシャ時代以前のクレタ・ミケア文明においても蛸の足のような古い唐草文様がありますし、海草を用いた唐草文様が見られます。そしてギリシャ時代になると、後に世界中に広まって皆さんも良くご存じのパルメットという棕櫚(しゅろ)や忍冬(すいかずら)の植物文様の唐草が登場してきます。
 ローマ時代になるとロゼット(薔薇の花)やアカンサスの葉の植物文様の唐草文様が流行し、ロータスや忍冬唐草文様は飛鳥時代の日本に伝わって、法隆寺の瓦や仏像の装飾文様に使われて見ることができます。さらに奈良時代にはシルクロードを経て、西方や中国の唐草模様が我が国で花開き、今なお正倉院宝物の中に当時の姿の唐草文様が見られるのです。
 

蛸あり菊あり葡萄あり。
風土によって唐草にも特徴が。

西方で生まれた唐草文様は、エジプトやギリシャ、アッシリアの模様と交流しながら次第に変化して東に移っていきます。ギリシャでは蛸や海草、エジプトで蓮などの題材であった唐草が、ローマで薔薇の花に変わり、アッシリヤではさらに小菊が題材に用いられ、砂漠地帯では葡萄の唐草に変化していきます。また、インド南方に伝わって、火が燃えているような火焔唐草が生まれました。やがて、それらが中国に辿りついて、中国古代文明の雲気文や龍文と混ざり合いながら東洋的な独自の新しい唐草文様が成立していきます。
 さて、中国の思想では宇宙は「陰と陽」で構成され、空間に満ちた各々の「気」が凝縮されて陰と陽の物の形が生じてきた、と考えられています。その凝縮された気の形が雲であり、またさらに凝縮されて空中に漂う魑魅魍魎(ちみもうりょう)のような正体の知れない生物が成り、それらが集合して固有の生物が生まれてきました。そして鳥やいろいろな動物へと変化していくのです。こうした気が充満して、その塊と流れが永遠に繋がって広がりながら連動していくという動的な生命文様の唐草は中国に起源があるといえるでしょう。
 インドの北方、コーカサスやカザフスタン辺りの古代では獣が噛み合って、絡み合う動物模様が行われ、これらが中国に入って出来たのが竜などの架空動物の唐草文様です。次第にそれらの唐草は華麗な花や美しい鳥や動物で描かれ、瑞鳥や宝想華唐草といった空想の唐草文様で描かれました。時を経てこれらの架空の花の文様が牡丹や桐、菊といった現実の美しい花に置き換えられて牡丹唐草や菊唐草、桐唐草といった文様ができて日本にも伝わります。
このような宝想華や牡丹、菊の唐草がやがて鉄線花の唐草のように日本的な唐草文様へと展開しながら、我が国の庶民の生活の中で簡略化され、終には風呂敷に使っているような蔓唐草(つるからくさ)が生まれて流行するようになったのです。蔓唐草のような単純な文様は江戸時代後期には、蛸の足のようだとして蛸唐草と呼ばれました。
 唐草発祥のミケアで蛸の足から唐草が始まり、またその終の地の日本の唐草が蛸唐草と呼ばれるのも面白いことです。奇しくも双方とも蛸を食する数少ない民族です。
 文明の発祥地であり、染物や織物の発祥地でもあったエジプト、ギリシャからアッシリアを起点に、西と東が行き交いながら種々な地域で、いろいろな唐草の種類が生まれてきたのです。

青海波は、ウイグル方面から来た湖の波。
紀元前に生まれた文様。

 菊の唐草模様は、日本固有の文様だと思っている人が以外に多いようですが、決してそうではありません。日本の菊唐草の原形は、中国にありますし、またこれとても中近東の小菊や小花を原形としたものであって、エジプトの蓮の花の唐草を最初の起源にしています。
 今、唐草についてルーツを説明しましたが、この唐草には及びもつかない程の大きな世界と時間が存在しています。どこまでも続く人類の生命と広がりを願ってそれこそ深い意味がありました。その願いの一つの表現としての唐草模様があったことが良くわかると思います。
 ところで、日本の宮中に伝わった古い文様を有職文様(ゆうそくもんよう)と呼んでいますが、その中に皆様がご存じの七宝文様や青海波、亀甲文様などがあります。しかし、それらの有職文様のほとんどが、驚くことに黒海とカスピ海を挟んだ周辺のパルティアという地方で紀元前に発祥した文様だというのを知っていますか。
 例えば、風呂敷に多く用いられている青海波文様は、実は日本の島々を囲む海の波を著しているのではなかったのです。日本の古典音楽の雅楽に青海波と輪台(りんだい)という曲があり、その時に身に着ける舞楽装束に青海波文様が描かれています。雅楽は中近東から中国経由でやって来たウイグル族の舞踊が日本に定着したもので、青海波は彼らの国の黒海やカスピ海の穏やかな波の様子を表現しているのです。
 日本では、古からこの青海波文様を日本古来の文様として扱って、波の象徴として使ってきました。例として竹生島信仰など仏教の絵に青海波文様を多く見受けるのです。
 また、亀甲文様もホニー・サックルという蜂の巣文様が西から東へ伝わり、日本へは中国の蓬莱思想を経て亀の背文様として入ってきました。さらに碁盤の目文様は大きなものを甃(いしだたみ)、小さいものを霰(あられ)と有職では呼びましたが、江戸時代中頃に佐野市松という歌舞伎役者が大きな石畳文様の衣裳を着て芝居に出たところ、大受けして流行し、以降は一般に市松文様と呼ばれるようになったのです。

ただ目出度いのではなく、意味があって
目出度い松竹梅や鶴亀。

 皆さんは、松竹梅や鶴亀文様は当然に目出度いものだと頭から決めておられるかもしれませんが、なぜ松竹梅や鶴亀はお目出度いのでしょうか。松は常盤の緑、竹も常盤の緑で真直ぐに伸び、中が空洞で疑心を持たないという意味を著しています。また梅は寒中に香り高く美しく孤高に咲き、鶴は千年、亀は万年の長寿があるといわれます。しかし鶴は千年も長生きしませんし、亀も万年は生きられません。なのに、なぜ鶴亀と松竹梅の取り合わせがあったのでしょうか。それは唐草と同じく大きな時間の流れの中で伝えられてきたものなのです。
 紀元前5世紀の戦国時代に書かれた「准南子(えなんじ)」という書物に、
「凡鴻水淵薮、自三百仭以上、二億三万三千五百五十里、有九淵(およそこうすいえんそうの、さんびゃくじんよりいじょうのもの、におくさんまんさんぜんごひゃくごじゅうり、きゅうえんあり)」
と書かれていて、地球ができる最初の頃の時代のことが書いてありますが、その水たまりや薮が三百仭という非常に広大なもので二億三万三千五百五十もあったといい、
「禹乃以息土填洪水以為名山(うはそくどをもってこうずいをうずめ、もってめいざんとなし)」
と続けて、中国の伝説の帝王となった禹という人物が現れて息土(尽きない土)をもって淵や荒れた川の洪水を埋め、その土で山を作ったと記しています。また「掘崑崙虚以下地(こんろんきょをほりて、もってちとなす)」と、崑崙山という山を作ったと書いています。さらに「中有増城九重。其高一万一千里百一十四歩二尺六寸(なかにぞうじょうきゅうじょうあり)」と、崑崙山には九層の城郭があって、その高さは一万一千里百一十四歩二尺六寸あり、「上有木禾、其修五尋」、その山の上には木禾(もっか)という木があってその長さは五尋(ごひろ)に達するとあります。そして「珠樹・玉樹・せん樹・不死樹・碧樹・よう樹、在其北在其西。沙棠(さとう)・琅環(ろうかん)在其東。絳樹(こうじゅ)在其南」と、その山の西の斜面に珠樹・玉樹・せん樹・不死樹・碧樹・よう樹が生え、沙棠・琅環はその東側に生え、絳樹がその南側に生え、碧樹とよう樹は北側に生えていると記し。「帝有匹百四十門(かたはらに西百四十門あり)」天に通じるほど高い山の門があると書きます。このように崑崙山の様子を詳しく書いています。
 要約しますと、地球がようやく固まる頃、禹という人物が尽きることのない土を使って大きな山を造りました。それが天と地を繋ぐ山であり、神が住む仙境へ通じる山だというのです。そこに沙棠や琅環、絳樹などの木が生えていて、その山の回りには溺水という荒れ狂った川が流れているというのです。その荒れ狂う川を渡るには龍に乗らなければならないし、また仙境に達するのには、鳳凰に迎えられて龍の車に乗って天国に昇っていかなければならず、決して簡単にいくことが出来ないというのです。さらに鳳凰は下界へ降りてくる際に沙棠の実を食しなければ下ることができないといいます。仏教の来迎思想にも共通した東洋独自の思想背景がありました。
 これが日本へ来てどういう形になるのかといえば、鳳凰は日本の吉祥の鶴に置き換えられ、沙棠が松の木になり、その実の代わりに鶴が松枝を喰わえ、琅環は竹に、絳樹は梅で著されて語られます。「松喰鶴(まつくいつる)」という目出度い文様が平安時代に登場した裏にはそうした事情があったのです。
 空に舞う鳳凰が鶴に入れ替わったように、水中に泳ぐ龍が亀に置き替えられて松竹梅と鶴亀の文様が成立しました。

日本に息づく、中国の蓬莱思想。
竜宮伝説も、羽衣伝説も源は同じ。

 中国の思想では西の地の果てに崑崙山があり、東の海の果てに蓬莱(ほうらい)と方丈、瀛州(えいしゅう)という理想郷の三つの島があって、そこに天上に通じる頂上があると考えられていました。その仙境の一つである蓬莱山が中国東方の島の日本に充てて考えられていたのです。
 蓬莱山思想は日本にやってきて栄え、先程の松竹梅鶴亀の形で深く根付いていきます。民衆の中で神話化されて、海を主題に竜宮や浦島、羽衣、高砂の物語となり、竹をテーマに香久夜姫(かぐやひめ)の竹取物語などが伝えられます。香久夜姫の物語でも天上から鳳凰のお迎えがやってきて龍の車に乗って天に戻っていきます。
 松竹梅、鶴亀には、そういった深い意味があります。風呂敷に良く利用される松竹梅、鶴亀文様と唐草文様は、古くから歴史の中で伝えられてきた悠久壮大な背景を持った文様なのです。



トークが終われば講師への質問とおしゃべり。そして分科会で楽しい包みのワークショップが続く。